ピアノをより上達させるには?

ピアノを楽しみたいなら防音措置を

ピアノを思いっきり楽しみたいと考えている人は室内の防音措置を徹底しておくことが重要です。
なぜならマンションやアパートなどの集合住宅はもちろん、一軒家でも近頃は近隣住民とのトラブルを起こす可能性が低くないからです。
電子ピアノのようにイヤホンを付けて音漏れを気にしないで演奏できるタイプもありますが、グランドピアノで気持ちよく音を感じたいと考える人は多いものです。
そんなときは室内に防音措置を施すことで問題は解決しますが、賃貸物件でも持ち家でも無理なく設置できるタイプがあるため、予算や部屋の大きさなどに応じて工事を行うと良いでしょう。
賃貸物件の場合は現状回帰が出来るタイプでないと退去するときに費用が発生するケースもあるため、充分に検討してから工事をスタートすることが大切です。
防音措置をしなくても、時間を気にしていれば問題ないのではと考えるのは最早時代遅れの考えといえます。
ピアノを気持ちよく演奏するためにも必要不可欠な措置と言えるでしょう。

" "

時間を問わずにピアノ練習ができる防音環境

ピアノを本格的に練習している方なら、昼夜を問わず好きな時間帯に練習できるのが理想的な環境でしょう。
しかし、近年集合住宅が増加し、また戸建て住宅でも近隣の住宅との距離感が近いことから、せっかくの音楽が騒音問題となりかねません。
そこで、ピアノを好きな時間に弾ける環境作りとして、防音室の設置をおすすめします。
防音室といっても、部屋を丸ごとリフォームする必要はなく、現在の技術ではピアノの入る大きさの防音システムを部屋の中にはめ込む感覚で、とても簡単に設置できるのです。
サイズも0.8畳から4.3畳まで対応しており、ピアノだけでなく各種管弦楽器、声楽まで幅広い音楽分野に利用できるものです。
お値段は、グランドタイプのものが入るサイズで100万円台前半から取り扱っており、リビングにも無理なく設置できるコンパクト設計です。
楽器メーカーとの共同開発で音の広がりを熟知した仕様なので、これまで音楽関係の連取で近隣の方への負担が心配だったご家庭におすすめです。

pickup

2016/11/22 更新

Copyright 2015 PIANO SONATA All Rights Reserved.