ピアノをより上達させるには?

ピアノ設置時に床補強は必要?

ピアノ設置の際に床補強の必要性があるか悩む人は多いでしょう。
床の耐荷重はどのくらいか、ピアノの重量はどれだけあるのかといった問題があるため、安全性について一概に言えないのが実状です。
アップライトピアノの重量は200~270kgほどで、グランドピアノにおいては250~500kgと幅があり、床補強を検討する必要があります。
しかし設置場所によっては、ホームセンターなどに売っている合板やアンダーパネルといったものを敷いておけば問題ない場合もあります。
一般住宅では建築基準法によって、1平方メートルあたり180kgの耐荷重を義務づけられているため、戸建て1階部分であれば、重量を分散できるアンダーパネルで問題ありません。
しかし戸建ての2階やマンションなどの部屋に設置する場合は、難しいかもしれません。
アップライトであればアンダーパネルでも良いですが、グランドは3本の脚だけで支えているため、重量のあるタイプであれば1本につき160kgもの荷重がかかります。
この場合は、住宅の建築施工会社に相談して、必要であれば床補強を検討するようにしましょう。

アップライトピアノの重量対策に床補強パネル

ピアノは、たとえアップライトタイプであったとしてもその重量が200kgから300kgにおよぶ大きな楽器です。
そして、その重量の全てを基本的には4本の足で支える構造であるため、単純に計算しても、足と接する床面一箇所につき、50kg以上の重量がのしかかっていることになります。
そのため、床に直接設置することは確実に床面を損なう原因となり、凹み、ヒビ、傾きといったトラブルが発生する原因となるのです。
そこでおすすめしたいのが、アップライトピアノの重量対策に有効な、床補強パネルです。
この商品は、楽器の下に敷くだけで簡単に設置できる仕様で、厚み1.8cmの頑丈な板で造られています。
この商品を敷き、ピアノの足を専用のインシュレータを使ってパネルの上に固定すれば、楽器の重量がインシュレータによって広範囲に分散し、さらにパネルで床面全体にまんべんなく当たるように改善できます。
床補強の効果だけでなく、階下へのコトコトとした振動音も随分軽減できるので、防音対策としても取り入れたい商品です。

Copyright 2015 PIANO SONATA All Rights Reserved.